楽天銀行カードローンの特徴は、審査がとにかくスピーディーであるという点にありました。

 

しかし現在銀行カードローンの審査は最短でも二日以上掛かってしまうので、楽天銀行カードローンも審査は二日以上掛かります。


銀行のカードローンに限らず、消費者金融などを利用する際に求められるニーズといえるのが「スピード」です。

編集部が楽天銀行カードローンに申込んだ時は最短即日審査も可能だった

できるだけ早くまとまったお金を用意して欲しいというのが、こうしたカードローンを利用する人が希望することなのですが、楽天銀行カードローンは審査に掛かる時間は最短で即日だった為、カードローンの申し込みをする時間にもよりますが申し込んだその日のうちに融資を受けることができる「即日融資」も可能でした。

しかし実際私の申込んだ時にはこんな感じでした。

  1. 平日朝9:30頃ネット申込完了

  2. 待てど暮らせど返事は来ず

  3. 朝11:30返事が遅いので電話にて確認。『只今審査中』とのこと。

  4. 翌日仮審査通過のメールが来る

  5. 土曜日だったのでなかなか楽天銀行からの電話に出ることができず

  6. 月曜日に連絡が取れて会社に在籍確認の電話

  7. 申込完了

 

と、審査の早い楽天銀行カードローンと聞いていたのでちょっとがっかり。もちろん即日融資も不可能でした。


現在では楽天銀行カードローンの即日融資は不可能であり、カードが届くまで最速でも振込みのみになりますので、審査スピード・スピード融資なら編集部の体験上はアコム・プロミスが有利です。即日融資も可能ですよ。

また、楽天銀行カードといえば、「楽天銀行カードの審査に通りやすいカード」としても有名ですが、楽天銀行のカードローンについても同様の感覚で申し込む人が多いようです。

ただし、クレジットカードとカードローンの審査は基本的には全く別物と考えておいた方が良いでしょう。

 

もちろんクレジットカードも楽天銀行の審査に通らなければ持つことができないものですが、カードローンとの違いは明確に借金をしていないという点にあります。


こういった審査基準もアコム・プロミスが有利です。なぜなら、

 

アコム・プロミスはメガバンクの保証会社も務めるほどなので審査能力が高くしっかり審査してくれるからです。


クレジットカードの場合は、ショッピングなどで使用した分だけ後で請求をするという仕組みになっており、もし使わなければ請求されることはありません。

しかし、カードローンの場合は仮に30万円借り入れを行った場合はそのうち1万円しか使わなかったとしても、楽天銀行の規定では返済日に最低5000円返済しなければなりません。つまり、使った金額に応じて請求されるのではなく借り入れを行った時点で返済義務が発生するのがカードローンということになります。

それだけに、楽天銀行といえどカードローンという分野においては決して審査が通りやすいというわけではありません。また、楽天銀行のカードローンでは最大で500万円まで融資を受けることができますので、その意味でも審査の面で慎重に判断される可能性が高いといえます。

このことを踏まえたうえで、楽天銀行のカードローンに申し込む際には書類などに不備がないか、改めて確認して臨むようにしましょう。