特定調停という方法

あまり利用されている方法ではありませんが、特定調停というやり方も利用されています。この方法は、任意整理の裁判所ありのパターンと考えていただければわかりやすいです。

任意整理は借りている側と貸している側が交渉して、ここまでなら減らしてもいいという契約を結び、その金額を一定の期間までに返済することを確約します。これを裁判所に申請して両者が話をして減額と返済期日を決めるような方法を採用するので、

 

安心して相談をすることができるのです。


当然裁判所へ申し立てをしないことには、特定調停を利用することはできないので、お願いすることをしっかり伝えなければなりません。そのためには司法書士のように、わかっている方に相談をすることも大事であり、できれば力を借りておいたほうがいいでしょう。

借金の経緯を一応聞かれることになりますので、もしあまりにも経緯がおかしいようなら司法書士の方に相談をして最適な理由を決定しておくといいです。一応経緯については重要視される部分となります。

特定調停のメリット・デメリット

メリットは、裁判所を絡めることによって、貸している側が駄目だと言って相手にしてくれないことがありません。必ず相談をして解決することを目指すことになるので、交渉がまとまるまでは話し合いを継続することができるメリットを持っています。

 

しかしデメリットが非常に大きく、うまく利用することが難しい方法です。


何と言っても、裁判所を経由しているのに、減額できる範囲が任意整理と同じであり、直接交渉をしたほうがいいケースも多くあるからです。さらに裁判所を絡めることによって、手間がどんどんかかるようになります。

裁判所に話をして経緯などから特定調停の交渉をしてもいいことがわかって、ようやく話し合いをすることができます。任意整理ならすぐに話し合いになりますから明らかにこの方法は時間がかかってしまいます。それでも安心したい方は特定調停という方法を取ることになります。