裁判所を通さない解決方法とは?

任意整理の手続としては、裁判所を通さないで弁護士や司法書士に相談を債務者が依頼します。そこで弁護士や司法書士と話し合いを行って将来的に自己破産と任意整理のどちらがいいかなどを決めます。

どのようなことで借金をしたのか、返済は月々いくらまでであれば可能なのか、事業が将来的に軌道に乗る可能性があるかなどの話し合いを徹底的に行って債務整理の合理的な方法を考えます。

 

任意整理を選択した場合は債権者と弁護士や司法書士が話し合います。


自己破産をされると、債権者としても回収が全くできない恐れがあるので、減額要求をある程度のんでもメリットがまだあると考える場合があります。そして、債務者が返すことができる金額で債権者も納得した場合は借金が減額になります。

十分に相談する事が解決の早道

借金のトータル額は同じでも、金利を将来無くしたり、払いやすく長い返済期間にしたりするメリットがあります。また、長期間グレーゾーン金利を払っていたと、任意整理の相談の際に分かる場合があります。

過払い金を請求する手続きに、この場合は変わることもあります。このようなことは、債務者あるいは債権者によって違ってきます。基本的に債権者が債務整理に応じた時は借金した額が少なくなり、金利も将来無くなることが多い為、返済が楽になります。また、

 

多重債務者では債務整理を最も厳しい借金先のみを行うことも可能です。


任意整理の場合には、登録を信用情報機関にされることがデメリットで、5年間はその後借金ができなくなります。そのため、減額に借金がなったと言っても、ほとんどの場合は借金が相当残る場合があるため、個人によっては

 

個人再生や自己破産を選んだ方が生活を将来的に立て直しやすいので、弁護士や司法書士と十分に相談しましょう。


どうしても相談を弁護士や司法書士にするための費用がないというような場合には、自分で行うこともできます。このような場合には、特定調停がありますが、できるだけ弁護士や司法書士に依頼する方がいいのではないでしょうか。