個人再生にも向き不向きがある?

債務整理の一種である個人再生ですが、借金問題で苦しんでいる人なら誰でも希望すれば利用できるわけではありません。やはり、向いている人と向いていない人がいるのです。と言うのも個人再生は自己破産とは違って、

 

返済を継続し続けることができるだけの定期的な収入が無いと利用できないのです。


もちろん、「何とかして返済し続ける」という気持ちも重要です。ですから、もしも全く収入が無いような人であれば、自己破産などの別の選択肢を選んだほうが現実的な解決になるのです。

そんな個人再生ですが、確かにブラックリストに名前が載ってしまいますので、今後の借り入れは10年くらい支障が出てしまいます。それに官報にも掲載されます。しかしその一方で、原則として債務は五分の一程度に小さくすることができますので、

 

完済までの道のりは確実に楽にすることができます。


ですから個人再生とは、返済するのを諦めてしまう人よりも、「何とかして少しでも借金を返済したい」と希望する人にこそ向いています。それに自己破産では大切なマイホームやマイカーなどを手放さざるを得ないことにもなりますが、

 

個人再生なら手放さなくても手続きができる場合も少なくありません。


ちなみに手続きを始めると債権者は強制執行することができなくなるのは自己破産と同じです。ただし個人再生の具体的な手続きは、法律に詳しくない素人が自力だけで行うにはハードルがかなり高いです。

手続きはプロに任せるのが賢明

特に裁判所に提出する申立書は大変ですし、同様に再生計画案も簡単ではありません。もしも、そうした提出物の完成度が低いと、裁判所からの認可がもらえないこともあります。それゆえ自信の無い人は、最初から弁護士事務所などに依頼すると良いでしょう。

特に住宅ローン特則を真剣に考えて希望する人は、それを確実に裁判所から認めてもらわなければなりません。それを考えても、

 

やはり専門家のアドバイスを受けながら手続きを進めることは非常に大切です。


この住宅ローン特則も、様々な条件をクリアしておかなければなりません。色々と判断が難しい場合もありますので、自力ではますます難しくなってしまいます。