アイフルなどの消費者金融や銀行のカードローンなどを利用するためには、それぞれの業者が行う審査に通過しなければなりません。その審査の内容には様々なものがありますが、中でも特に気になるものといえるのが「在籍確認」ではないでしょうか。

 

これは、実際に申し込みをしてきた人が申込書に記載された勤務先に、本当に勤めているのかどうかを担当者が直接確認するというもので、どんなローンでも原則として必須の審査項目としており、その確認方法として『在籍している会社に電話して確認する』というものになっています。


消費者金融業者には様々な業者がありますが、中でも大手と呼ばれる業者のひとつにアイフルがあります。アイフルは、他のアコムやプロミスといった大手消費者金融業者が銀行のグループ企業に入っている中独自路線を歩んでいることでも知られていますが、そんなアイフルであっても審査の段階で在籍確認を行っています。

この在籍確認は、勤務先にアイフルの担当者が直接電話をかけてその人がいるかどうかを確認するという内容のため、申し込んだ人にの状況によっては決して気持ちの良いものではありません。もちろんこれが審査の一環として行われているのであれば割り切って考えるべきなのですが、それでもできることなら回避したいと考える人もいるようです。

 

なんとかアイフルからの会社への電話を避けたいんだけどなぁ・・・


しかし現在においては在籍確認を回避することは不可能と言えるでしょう。この在籍確認には、その人の返済能力を確認するといった理由の他に、詐欺を防ぐといった目的もあります。

 

ただし、会社への電話確認は回避する方法もあります。


それは会社への電話連絡による確認を、別の確認方法で確認するというものです。これなら会社への電話は回避できますし、会社にカードローンを申込んだことがバレずにすみます。

 

これが可能なのがプロミスです。会社への電話連絡による確認を、別の確認方法で確認する相談ができるのはプロミスだけです。


プロミスならアイフルより金利も低いですし、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)も利用できるので、利息を少なくすることもできます。

アイフルに会社へ電話して欲しくない方は、プロミスなら申込み語に掛かってくる電話で在籍確認の相談をすれば、オペレーターが別の確認方法を案内してくれます。

アイフルに会社へ在籍確認の電話して欲しくない方はプロミスに相談

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

    銀行カードローンが規制されている今、ますますプロミスが注目されています!
    会社に電話を掛けられては困る方には大変ありがたい『電話とは別の確認方法』の相談も出来るプロミスはサービス面でも一歩抜きん出たカードローンと言えます。初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もありますので、早期返済することで銀行カードローンよりも低い利息で抑える事も可能です。
    レディースキャッシングもありますので女性でも安心して申込めますし、三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座なら、登録する事で24時間365日最短10秒で振込融資可能な瞬フリサービスも超便利です。

いずれにしても、アイフルに審査を申し込んだ場合に在籍確認をほぼ確実に回避できるといった方法はありません。もちろんアイフルとしても申し込んだ人に断りなく勤務先に「アイフルです」と名乗って電話をするといったことはありませんので、それほど深刻に考えなくても良いといえるでしょう。

アイフルのキャッシング以外の商品でも在籍確認は必須

アイフルは、他の消費者金融にはない多彩な商品構成が特徴です。いわゆる「キャッシング」はアイフルの数ある商品構成の中でも代表的なものといえますが、アイフルが用意している商品はそれだけではありません。

アイフルの展開する商品のひとつである「目的別ローン」は、通常のキャッシングとは異なる特徴を備えており、これらの商品でも在籍確認は必須となっています。

目的別ローンは申込方法が限られている

まず、「目的別ローン」の申し込みですが通常のキャッシングがインターネットや自動契約機から申し込み可能であるのに対し、こちらはアイフルの

 

店舗または電話で直接申し込んで契約をする必要があります。


これは、キャッシングが基本的に融資を受けた分については使用目的を限定していないのに対し、具体的に何に使うのかを確認する必要があるためです。

利用使途が限定される目的別ローン

また、使用目的が限定されますので「目的別ローン」で融資可能な金額についてもその使用目的に応じて融資を受けることができる最大の金額が決まっており、最も多く利用できる金額で100万円までとなっています。

これは、あくまでも使う目的が決まっていますのであまり高額の融資は必要ないという考え方に加え、返済を楽にするといった目的もあります。使用目的としては、

 

  • 結婚資金などの冠婚葬祭費用
  • 病気の治療や出産など医療に関する費用
  • 教育や引っ越し
  • 車の購入
  • 旅行

といった日常生活における費用、旅行などのレジャー費用と多岐にわたっています。いずれも一時的な費用であり、時間をかけて返済する性格のものでもありませんので、100万円が最大融資額のラインとなっているのは返済しやすいという点から考えても大きなメリットといえるでしょう。

尚、この「目的別ローン」を利用する際には、それぞれの使用目的に応じた書類が必要となりますので即日融資は難しくなります。

たとえば結婚資金であれば、結婚式場などで作成・提示された見積書だったり、病気の治療などであれば医師の診断書などのように、使用目的が明確になっているものでなおかつ金額の証明ができる書類を添えて申し込む必要があります。

アイフルの在籍確認を経て借入したら返済はどうなっているの?

アイフルのキャッシングの返済額

借入直後残高返済金額返済金額
サイクル制約定日制
1円~100,000円5,000円4,000円
100,001円~200,000円9,000円8,000円
200,001円~300,000円13,000円11,000円
300,001円~400,000円13,000円11,000円
400,001円~500,000円15,000円13,000円
500,001円~600,000円18,000円16,000円
600,001円~700,000円21,000円18,000円
700,001円~800,000円24,000円21,000円
800,001円~900,000円27,000円23,000円
900,001円~1,000,000円30,000円26,000円
1,000,001円~3,000,000円は10万円毎1,000円ずつ加算
3,000,001円~3,100,000円51,000円47,000円
3,100,001円~4,900,000円は10万円毎1,000円ずつ加算
4,900,001円~5,000,000円70,000円66,000円

アイフルの返済は他の消費者金融と違い、サイクル制と約定日制で分かれています。毎月決まった日に返済する約定日制の方が少し返済額が少なくなり信用の置ける返済方法ということになっています。

アイフルではローン商品が細かく分かれており、それぞれ返済額も性質も異なります。その中でおまとめローンである貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローンの返済額は以下のようになっています。