お金を借りることを考えた場合、すぐに思いつくのは消費者金融一覧からカードローンを選んで借り入れるという手段ではないでしょうか?最近では多くの消費者金融業者が様々なサービスを展開しており、非常に手軽に借入を受けることができるようになっています。

 

こうした消費者金融業者の展開するサービスの中でも特に高い人気を持っているのが、「無利息期間」です。


これは一定期間内であれば融資を受けた金額に対して利息がつかないというものであり、たとえば10万円借りたら一定期間内の利息はゼロになり、そのまま10万円を返済すれば良いというシステムです。

無利息期間のあるカードローン

銀行カードローンにこういった無利息期間を設けているカードローンはほとんどありません。主に大手消費者金融のサービスになります。

プロミス 初回の借入の翌日から30日無利息(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)
アコム 契約の翌日から30日無利息(35日毎返済を選択することで利用可能)
レイクALSA 契約の翌日から借入が30日無利息と借入の5万円までが180日無利息を選べる(契約が初めてで200万円までの方)
アイフル 契約の翌日から30日無利息(契約が初めての方で無担保キャッシングローン利用の方)

一見同じようなサービスに見えても、それぞれ違う特色があります。特に特徴的なのがプロミスです。他の三社は全て契約日の翌日から30日なのに対して、

 

プロミスは初回の借入の翌日から30日無利息なので、漏れなく30日の無利息期間があるのです。


その他のサービスは契約してから借入までの期間が空くと、それだけ無利息期間が減ってしまいます。

こうしたサービスを展開することで、消費者金融業者は多くの利用者を獲得しているともいえるのですが、お金を借りるためのルートは、必ずしも消費者金融だけではなく、銀行カードローンという選択肢もあります。

多くの銀行でもカードローンの商品を展開していますが、中でも楽天市場でも頻繁に広告を見るカードローンとして、楽天銀行カードローンが知名度を上げています。楽天銀行カードローンは、ネット銀行である楽天銀行が展開するカードローン商品でしたが、

 

金融庁の規制以降は全銀行そうですが、最短即日融資というスピードを失ってしまいました


ただし、この楽天銀行カードローンには残念ながら他の消費者金融業者が展開しているような無利息期間のサービスは用意されていません。無利息期間がなければ、楽天銀行でカードローンを利用するメリットが少ないのではないかと思われがちですが、そもそもカードローン業者を選ぶポイントとしては無利息期間の有無だけではなく、「利用しやすいかどうか」という点が重視されます。

その点楽天銀行は低金利で借入を受けることができ、返済などについてもコンビニや銀行などのATMを利用できますので、非常に取引がしやすいカードローンとしても有名です。確かに無利息期間こそ用意されていませんが、それを理由に楽天銀行カードローンを利用しないのはあまりにももったいない話といえるでしょう。

無利息期間のあるカードローンならプロミス

プロミスなら初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので、

 

かなりの利息圧縮が可能になります。


しかも申込日の翌日から起算するほかのカードローンの無利息サービスと違い、初回の借入日の翌日から起算するので無利息期間を無駄にする事はありません。

無利息サービスでカードローンを選ぶならプロミス

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    金利 年1.9%~14.5% 借入限度額 最高800万円

    銀行カードローンが規制されている今、ますますプロミスが注目されています!
    会社に電話を掛けられては困る方には大変ありがたい『電話とは別の確認方法』の相談も出来るプロミスはサービス面でも一歩抜きん出たカードローンと言えます。初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もありますので、早期返済することで銀行カードローンよりも低い利息で抑える事も可能です。
    レディースキャッシングもありますので女性でも安心して申込めますし、三井住友銀行・ジャパンネット銀行のいずれかの口座なら、登録する事で24時間365日最短10秒で振込融資可能な瞬フリサービスも超便利です。