楽天銀行といえばネット銀行の中でもジャパンネット銀行等と並んで代表的なもののひとつです。最近ではテレビのCMなどで楽天カードと共に宣伝しているケースも多いことからたくさんの人が口座を作っているのではないでしょうか。

そんな楽天銀行が展開するカードローンですが、こちらも楽天銀行に口座を持っている人を中心に高い人気があります。楽天銀行カードローンは楽天銀行に口座を持っていなくても申し込むことができますが、

 

その審査においては楽天銀行(保証会社の楽天カード株式会社)が行います


ので、楽天銀行に口座を持っておいた方が手続きがスムーズです。

もちろん楽天銀行カードローンの審査は楽天銀行だけでなく、楽天カード株式会社も保証会社となっていますので、楽天銀行に口座を持っていることが必ずしも審査に通りやすい状態であるとは限りません。

審査結果については、現在では早くても二日以上は掛かってしまいますので、その日に借りることは出来ません。銀行カードローン自体が全て審査に二日以上掛かってしまいますので、それ以降が本当に各銀行の審査の早さとなります。

ですので、銀行カードローン自体早く融資を受けたい人にとっては、向いていないカードローンと言えます。審査のスピードが早いカードローン業者といえば、プロミスやアコムのような大手消費者金融業を選択しなければなりません。

ただ編集者の私が楽天銀行カードローンの審査を受けた時は、金曜の朝に申込んで、次週月曜日くらいに審査結果が来ました。もちろんこれは金融庁の銀行カードローンの規制前なので、即日審査を謳っている時のことです。なので私の印象では、

 

楽天銀行カードローンの審査は異常に遅い・・・


ということになっており労金並みのスピードと言えます。スピーディーな審査が行われればそれだけ利用者にとっても時間的な余裕が生まれますので、早く結果を受け取ることによるメリットは大きなものがあるといえるでしょう。しかし、実際私が審査を受けた際には楽天銀行カードローンの返答は金土日と3日後で、とてもプロミスやアコムのスピード審査と比べれるものではありませんでした。

もちろん現在では金融庁により、警察庁の反社会勢力データベースに参照しなければならなくなり、これが一日がかりなので更に日にちが掛かってしまいます。楽天銀行カードローンの審査は、インターネットを利用して申し込むことができます。

そのため、審査結果を受け取る場合もメール等で連絡が来る場合が多く、審査結果をできるだけ早く受け取るには「連絡がつく」メールアドレスで連絡を入れることが重要となります。審査に通ればその後の融資についてもスピーディーに行われますので、最短でも二日以上掛かってもよく、まとまったお金が必要ということであれば楽天銀行カードローンに申し込んでみると良いでしょう。