楽天銀行カードローンは、ネット銀行で有名な楽天銀行が展開するカードローン商品ですが、こちらを利用してカードローンを利用するまでの流れについて確認してみましょう。

まずはじめに行うことは、楽天銀行のホームページからカードローンの申し込みフォームに内容を記入して送信することです。楽天銀行カードローンのような銀行には、プロミスやアコムのような自動契約機で即日カード発行するシステムがないのでネット申し込みしか方法はありません。

銀行の中でも、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、新生銀行などは自動契約機を持っていますので、

 

審査に二日以上掛かる為、スピーディーではありませんがカード発行が可能です。


楽天銀行でも審査結果を受け取るのに最短で申し込んだ翌日以降まで掛かってしまいますが、カードを早めに発行する術はありませんんおで、審査にかかる時間を少しでも短縮させる意味でも、申し込みフォームへの記入は間違いのないよう入力するようにしてください。

既に楽天銀行に口座を持っていたり、楽天IDを持っている人の場合は申し込みフォームに名前などが入力された状態で表示されますが、引っ越しなどで住所が変わっている場合もありますのでこの段階で正しい住所が入っているかどうかを確認しておきましょう。

内容に問題がなければ次に勤務先の入力です。勤務先の入力では、住所や電話番号などの連絡先はもちろんのこと、上場か非上場かを設定します。こちらも自身の情報入力と同じく必須入力項目とそうでない部分とがありますが、審査をスムーズに進めるためにも必須入力でない部分についてもできるだけ埋めるようにしてください。

申し込みが完了すれば受付完了メールが届きます。その後の審査結果についてもメールで届けられ、審査に通過すればここで身分証明書などの必要書類の提出となります。楽天銀行カードローンはパート・アルバイトでも申し込みはできますが、その場合は収入が少なくなるので審査にはかなり厳しくなり、利用可能額は少なくなります。

大手消費者金融では50万円までの借入なら収入証明は不要ですが、楽天銀行カードローンでは収入証明は必要になってきます。その場合の必要書類は源泉徴収票・課税証明書・給与明細書のいずれかの写しになります。

ある程度の審査はここまでの段階で終了していますので、後は楽天銀行カードローンの審査と反社会勢力チェックと在籍確認になります。これが済むと最短で申込日の翌日以降に振込可能な状態になります。楽天銀行に口座があればすぐに口座に借入金が振り込まれることになります。

もちろん楽天銀行カードローンでは楽天銀行以外の銀行にも入金することができますので、その場合には申し込み時に振込先を指定しておきましょう。

楽天銀行の住宅ローンも注目されている

楽天銀行の住宅ローンの金利が低いことで注目されています。ただやはり編集部調査では住信SBIネット銀行の住宅ローンが一番だと結果が出ています。私も近畿大阪銀行から大阪信用金庫の住宅ローンに乗換えた所ですが、乗換えてすぐに日銀総裁がマイナス金利を発表してえらい損をしました。