楽天銀行 在籍確認

楽天銀行スーパーローンの会社への在籍確認の電話は必須!

楽天銀行スーパーローンの審査の最終段階での在籍確認の電話は必須です。在籍会社に必ず楽天銀行から電話が掛かってきます。

 

職場の電話窓口が隣だったり、なんとなくばれそうな雰囲気もあったりと、いくら担当者個人名で掛けられても会社に在籍確認の電話は絶対にNGという方はたくさんいます。

 

しかし、無担保・保証人なしの楽天銀行カードローンをはじめとするカードローンは返済の基となる在籍会社への電話確認は必須で避けられません

 

 

何とかこの電話を回避する方法はないの?


がしかし、プロミスなら電話とは別の方法での相談が可能なので会社への電話を避けることができます。相談する方法は、

 

 

  • ネット申込後にプロミスに電話して相談する
  • 申込内容確認の電話の時にオペレーターに相談する

以上の方法でプロミスに相談してみましょう。

楽天銀行では回避できない在籍確認の電話を回避したいのならプロミスへ

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

どうしても楽天銀行スーパーローンで申込みたいと言う方に楽天銀行の在籍確認の情報

楽天銀行といえば、ネット銀行の中でも最も有名な銀行です。楽天市場でのショッピングに便利な楽天カードとの連動など、何かと便利なサービスを展開していることから、多くの人が楽天銀行内に口座を作っています。そんな楽天銀行が展開しているサービスのひとつに、『楽天銀行カードローン』があります。

 

金利年1.9%〜18.0%と低金利で借入最大800万円と銀行のカードローンのなかでも秀逸のスペックを誇り、つくりやすいカードではありますが、気になるのが申込時の在籍会社への電話での在籍確認です。

 

楽天銀行カードローンでは、在籍確認の電話の際には楽天銀行の担当者個人名で電話を掛けてきますので楽天銀行からの電話だと会社の電話窓口にばれる心配はありません

 

 

楽天銀行の名前は出しません。私の名前で電話しますよ^^


しかし、楽天銀行スーパーローンの金利表記には注意しなければなりませんので申込む前に読んでくださいね。>>楽天銀行スーパーローンの金利表記には注意

楽天銀行の名前が税席確認の電話で出ないなら大丈夫という方は楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%〜14.5%
借入限度額 最高800万円

楽天銀行スーパーローンの金利表記には注意

楽天銀行カードローンのスーパーローンはこのたび新金利・新限度額となり、見た目は

 

 

すごく低金利でいっぱい借りれるじゃん。


と思われがちですがそうではありません。どういうことかわかり辛いかも知れませんが、まず新金利・新限度額の前のスペックと比べて見ましょう。

新金利・新限度額適用前後のズペック比較

金利 限度額
新金利・新限度額後 年1.9%〜14.5% 最高800万円
新金利・新限度額前 年4.9%〜14.5% 最高500万円

最低金利が年4.9%から年1.9%と低くなっていますので、一見金利が低くなりましたって感じになっていますが、限度額も300万円増えています。利用限度額別の適用金利を見れば金利が低くなっていない事は一目両全です。

楽天銀行カードローンの適用金利

利用限度額借入利率
800万円1.9%〜4.5%
600万円以上800万円未満3.0%〜7.8%
500万円以上600万円未満4.5%〜7.8%
350万円以上500万円未満4.9%〜8.9%
300万円以上350万円未満4.9%〜12.5%
200万円以上300万円未満6.9%〜14.5%
100万円以上200万円未満9.6%〜14.5%
10万円以上100万円未満14.5%

適用前の最高限度額の500万円の場合の適用金利は最低で年4.9%と変わりません。500万円以上600万円未満、600万円以上800万円未満、800万円の三段階の利用限度額別の適用金利が増えただけです。

 

しかも800万円なんて借入枠は出るはずもありません。無担保で800万円貸すのに年収がいくら必要になるのか。消費者金融であれば年収2,400万円も必要になってきます。低金利な銀行ならリスク回避の為もっと必要になってきますよね。

 

更に万が一800万円の借入枠が出たとしても、適用される金利は年1.9%〜4.5%となんと2.6%もの幅があります。最高借入額が審査で降りたとしても年4.5%になる可能性もあるのです。

 

更に見ていくと100万円未満はすべて年14.5%の金利になっています。低金利カードローンでは大体50万円を超えてくると徐々に金利が低くなってきますが、楽天銀行カードローンの場合は変わらず年14.5%です。っしかも100万円以上200万円未満の限度額になっても年14.5%の可能性もあるのです。

在籍確認の電話が楽天銀行の名前を出さないので申込もうと考える前に見てほしい

在籍確認の電話自体が掛かってきたら困る方はプロミスで相談すればいいのですが、

 

 

オペレーターの個人名で会社に掛けてくるならいいか。


と考えている方はちょっと待ってください。上記で散々楽天銀行カードローンの金利の盲点についてお話しましたので、適正な金利を提示しているカードローンの検討をおすすめします。

適正な金利を提示している三井住友銀行カードローン
契約極度額借入利率
100万円以下年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下年4.0%〜4.5%

100万円以下でも年12.0%の金利に名る可能性があります。年14.5%の楽天銀行カードローンと比較しても2.5%もの差があります。長期返済ともなるとかなりの利息の差になってきます。

会社に在籍確認の電話は絶対にNG!

カードローンといえば、消費者金融などをイメージする人も多いかもしれませんが、もともと『融資』という分野は銀行が主に展開していたサービスであり、これはインターネットの世界に存在するネット銀行である楽天銀行であっても同じことといえます。

 

楽天銀行のカードローンは、楽天スーパーローンという商品名で展開されており、最大で500万円まで融資を受けることが可能です。また、設定されている金利は年4.9%〜14.5%という利率となっており、これは通常の銀行が展開するカードローンと比較しても決してひけをとらない商品構成といえるのではないでしょうか?

 

融資を受けるための手続きとしては、実店舗を持たない楽天銀行だけに郵送が中心となるものの、それでも楽天銀行ならではの利便性の高さは利用する側にとってもメリットが大きいといえます。

 

とはいえ、誰でも手軽に申し込むことができるものの楽天銀行のカードローンはあくまでもカードローンです。どんな人でも無条件にカードローンが利用できるというわけではありません。

 

当然ながらカードローンを利用するためには楽天銀行の定める審査基準をクリアする必要があるのですが、その審査の段階で気になるのが、『在籍確認』です。

 

カードローンを利用するために重視されるポイントのひとつが、『収入』ですが、在籍確認とはその収入を得るための方法として、勤め先に本当にその人が働いているかどうかを確認するものとなります。この在籍確認は、楽天銀行といえどローンの審査段階で必ず実施されるものですので、申込書に虚偽の内容を記載しないように注意しましょう。こうした虚偽の内容が発覚すれば、当然ながら融資を受けることができなくなります。

 

しかし、上記のようにどうしても会社に電話を掛けて欲しくない、そういった時にプロミスが強い味方になってくれます。プロミス 専業主婦では借りれませんが、定期的収入のある方なら申込可能ですし、サービスも充実しているのではじめてお金を借りる方でも申込みやすくなっています。